SEO TOPICS

SEOトピックス

サイトエラーが及ぼすSEOランキングと競争力への重大な影響

SEOSearch Engine Optimization)において、サイトエラーは検索エンジンのランキングに影響を与える可能性があります。サイトの健全性はSEOに欠かせない要素で、エラーの修正がランキング向上につながることを理解することが重要です。さらに、サイトエラーの放置は、サイトの信頼性が損なわれ、ユーザー離れに繋がり競争力を失いますので、定期的にエラーチェックを行い、適切な改善を行なう必要があります。

今回の記事では、特に重大な影響を持ついくつかのエラーをご紹介します。

この記事は約6分で読めます。


404 Not Found

検索エンジンはリンク先が見つからない場合、そのページをクロールしてインデックスに追加することができません。これにより、古いリンクやランディングページへのリンクが壊れていると、検索エンジンの信頼性が低下し、ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。 

【対処法】
リンクの修正
ウェブサイト内の古いリンクを最新のものに更新します。
外部サイトからのリンクが古い場合、リダイレクトや更新を行い、正しいURLにユーザーを案内します。

カスタム404ページの作成
カスタム404ページを作成し、訪問者にエラーページで失望せず、代替コンテンツへの案内をします。
404ページには、ナビゲーションメニューや人気のあるコンテンツへのリンクを追加し、訪問者がサイトを探索できるようにします。

リクエストされたページの再構築
ページが削除されたり移動した場合は、そのページを再作成するか、同等のコンテンツへのリンクを提供します。
ユーザーが求めている情報を見つけやすくするため、関連するページへのリンクを追加します。

301リダイレクト
古いURLから新しいURL301リダイレクトを設定することで、ユーザーが古いURLにアクセスした際に新しいページに自動的にリダイレクトされるようにします。

Google Search Consoleの活用
Google Search Consoleなどのツールを使用して、404エラーを監視し、問題のあるページを特定します。
クロールエラーを修正し、Googleに正しい情報を提供することで、インデックスへの影響を軽減します。

これらの対処法を組み合わせることで、404エラーを最小限に抑え、訪問者のユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

 

500 Internal Server Error

サーバーエラーが頻繁に発生すると、検索エンジンがページを正しくクロールできない場合があります。これにより、クロールされた情報が不完全になり、ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。

【対処法】
サーバーログの確認
エラーが発生した際のサーバーログを確認します。ログには問題の原因や場所が記録されていることがあります。

コードの修正
サーバー側のスクリプトやアプリケーションのコードにエラーがある可能性があります。問題の特定と修正が必要です。

ライブラリやプラグインの更新
使用しているライブラリやプラグインが古くなっている場合、新しいバージョンにアップデートすることでエラーを解消できることがあります。

リソースの制限
サーバーのリソース(メモリやディスク容量)が不足している場合、それらを増やすか、負荷を分散することで対処できます。

.htaccessファイルの確認
.htaccessファイルに誤った設定がある場合、サーバーエラーを引き起こす可能性があります。ファイルを確認し、修正します。

サーバー再起動
一時的な問題や一時的なサーバーの不調を解消するために、サーバーを再起動することが有効な場合があります。

500 Internal Server Errorは原因が多岐にわたるため、問題の特定と解決には時間がかかることがあります。エラーの詳細な内容を把握し、必要な修正を行うことが重要です。また、エラーを修正する際は注意深く作業を行い、サイトの安定性を保つことが大切です。

 

503 Service Unavailable

サーバーの一時的な利用不可は、検索エンジンがページをインデックス化できないことを意味します。定期的な利用不可があると、検索エンジンは信頼性が低いサイトと見なす可能性があります。

 【対処法】
サーバーの負荷を軽減
一時的に過剰なトラフィックや負荷が原因でエラーが発生することがあります。負荷を軽減するために、一部の機能を一時的に停止するか、キャッシュをクリアします。

サーバーの再起動
サーバーが適切に応答しない場合、一時的な問題が原因である可能性があります。サーバーを再起動して問題を解決することができることがあります。

キャッシュの最適化
キャッシュを最適化することで、サーバーの負荷を軽減できます。キャッシュの利用を最大化し、リソースを節約します。

DNSの問題の解決
DNSサーバーの問題が503エラーを引き起こすことがあります。DNSの設定を確認し、問題があれば修正します。

サービスプロバイダーへの問い合わせ
ウェブホスティングサービスプロバイダーやインターネットサービスプロバイダーに問い合わせて、サーバー側の問題を解決するためのサポートを受けます。

Google Search Consoleを活用
サーチコンソールなどのツールを使用して、Googleや他の検索エンジンからのエラーをモニタリングし、問題を特定して解決します。

503エラーは一時的な問題が多いですが、サーバー側の問題や負荷によっては複雑な原因があることもあります。応急処置としてサーバーの再起動やキャッシュの最適化を試みることも重要ですが、根本的な解決のためにはサーバーの設定やサービスプロバイダーとの連絡を行うことが必要です。

 

Slow Page Load Speed 

ページの読み込み速度が遅いと、ユーザーエクスペリエンスが低下し、検索エンジンはこれをランキングの要因として考慮します。遅延が大きい場合、検索エンジンはサイトを低いランキングに配置する可能性があります。

 【対処法】
画像の最適化
画像は読み込み速度に大きな影響を与えます。画像を適切に圧縮し、ファイルサイズを最小限に抑えることで読み込み速度を向上させます。

ブラウザキャッシュの利用
ユーザーのブラウザにキャッシュを保存させ、再訪問時には新たにリソースをダウンロードする必要がないようにします。

CSSやJavaScriptの最適化
コードを整理し、不要なスタイルやスクリプトを削除します。ファイルサイズを小さくし、不要なリソースを読み込まないようにします。

コンテンツデリバリネットワーク(CDN)の利用
CDNを使用して、コンテンツを世界中のサーバーに配信することで、ユーザーに近い場所からコンテンツを提供し、読み込み速度を高速化します。

レスポンスタイムを最適化
サーバーの応答時間を短縮するため、最適なホスティングプランを選択したり、キャッシュや圧縮を有効にすることで、サーバーのレスポンスタイムを改善します。

モバイルファーストの最適化
モバイルデバイスでの読み込み速度を重視し、モバイルフレンドリーな設計を行います。レスポンシブデザインやモバイル専用の最適化を実施します。

ページのキャッシュ化
キャッシュを使用してページ全体を保存し、再訪問時には新たにリソースをダウンロードせずにページを表示することで、読み込み速度を向上させます。


これらの手法を組み合わせてページ読み込み速度を改善することができます。特にユーザーエクスペリエンスやSEOの観点から、ページの読み込み速度を最適化することは非常に重要です。

 

サイトエラーの放置は厳禁!

seoSEO株式会社では、「予約がない」「お問い合わせ減った」といった集客に関するご相談をいただいた時、まずは現在のサイトの問題点の洗い出しをします。すると、表からは気が付くことができない多数のエラーが発生している場合もあります。そこで、どの対応を優先的に行うべきなのかも含めた改善提案をいたします。

最近コンバージョンが取りにくくなったなど気になることがありましたら、是非、当社までご相談ください。

PAGETOP